泉区での不動産売却相場はどれくらいか

泉区の不動産売却の相場価格はどれくらいなのでしょうか。

泉区に物件を持っていて、その売却を考えているなら、相場価格は気になりますね。

最近、泉区であった売却事例の価格を見てみましょう。

【仙台市泉区の不動産売却で多いのは】

仙台市泉区での不動産売却で多いのは一戸建て、そしてマンション、土地と続きます。

泉区でも地域によって違うのですが、トータルで見るとやはり一戸建てが多くなっています。

一戸建てでは新築、築浅、中古と揃っていますが、マンションは中古マンションがほとんどです。

【一戸建て、マンションの売却価格は】

あるサイトで仙台市泉区の不動産売却が行われた時のだいたいの価格が紹介されていました。

それを一部ご紹介すると、新築一戸建てで4LDK+Sで3200万円台、築浅の一戸建て、4LDK+2Sで3000万円台、築年数は不明ですが一戸建て4LDKで3230万円台となっていました。

マンションでは築32年で3LDKが1800万円台、築9年で3LDKが2500万円台、築10年で4LDKが3600万円台となっていました。

一戸建てだと3000万円台が多くマンションは幅がありますがだいたい2000万円前後が多いのではと考えられます。

【泉区の中古一戸建ての坪単価は】

仙台市泉区の中古一戸建ての坪単価は、平均して64.2万円でした。

仙台市の中では一番相場価格が低いところで、隣接する区とは坪単価10万円から15万円の差があります。

仙台市内の中でも泉区は比較的安いので、人気があり、一戸建ての取引件数は増加傾向にあります。

一戸建てを持っているなら、売りやすいかもしれません。